美しくなる為に

日本に導入されて10年以上の歴史があります

フォトフェイシャルは1999年にアメリカのルミナス社が発売しました。レーザーと違い幅広い波長の光をあてて効果的にシミを消します。その効果が評判になり、世界中に広まりました。日本では2001年にフォトフェイシャル協会が設立され、ルミナス社製の機械を使用しているクリニックは認定制となっています。評判だけではなく、実際にフォトフェイシャルの機械を使用しているかがわかるようになっています。 2002年には改良型のオーロラ、2004年にはオーロラプロが開発され、いままでとれなかったシミもとれるようになりました。2006年にはライムライトが発売されました。 フォトフェイシャルの評判が広まり、人気が高くなり、光治療をかかげるところがありますが、フォトフェイシャルの機械としてはルミナス社製のものを指します。

今後も有効な治療法として施術が行われていくと見込まれます

フォトフェイシャルは日本でも10年以上の歴史があり、シミ取りでは最適な機械という評判が定着しています。アメリカでもフォトフェイシャルを受ける人の中にアジア系の人が多くいます。アジア系は皮膚が弱く、レーザーのでは刺激が強すぎる場合がありました。フォトフェイシャルは肌にダメージをあたえず、色素のみに反応し、シミやソバカス、赤ら顔の治療に有効です。 日本にもフォトフェイシャルは定着しましたが、今後は機械の特性ごとに使い分け、照射の強さとヘッドの組み合わせを患者に適切なものにして治療を行うことが大切になっていきます。 クリニックで10年以上使用され、重篤な副作用や合併症もなく、レーザーのように治療後にかさぶたになる事もない安全な機械ですので、有効な治療方法として使用が続けられると見込まれます。